コンブチャクレンズ 飲み方
コンブチャクレンズは酵素や酵母が豊富に含まれたダイエットに効果的なドリンクと言われています。

もともとアメリカで人気だったコンブチャを元に作られたのですが、日本でも酵素ドリンクのようにファスティングダイエットに取り入れられることが多いです。

そこで今回は、コンブチャクレンズの味と飲み方について解説していきたいと思います。

コンブチャクレンズの味は?

コンブチャクレンズは、もともと紅茶キノコと呼ばれる紅茶に菌株を入れて発酵させた飲み物を元に作られています。

キノコが入っているわけではなく、菌株が発酵した状態の姿がマッシュルームに似ていることから紅茶キノコという名前がついたそうです。

アメリカで人気のコンブチャも紅茶キノコをもとに作られましたが、味は酸っぱい紅茶のようなものだそうです。

コンブチャクレンズはアメリカのコンブチャにダイエット効果をプラスし、味を改良しているのでマンゴーのような味だと評判です。

酸っぱい紅茶というよりも、フルーツジュースのような味わいになっているため、飲みやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。

コンブチャクレンズの飲み方

コンブチャクレンズの一回あたりの量は30ml程度です。

それに200ml程度の水や炭酸水を入れて飲むのが通常の飲み方です。1食を置き換えるということで1日あたり30mlで飲んでいる方もいれば、週末にコンブチャクレンズだけで過ごすファスティングダイエットをする方も多く、ファスティングダイエットをする方は1日に何回も飲んでいるようです。

1日あたりの摂取量の制限はないですが、飲み過ぎもあまり良くないですし、たくさん飲んだからといって効果が増えるわけでもありません。

ただでさえ決して安くないダイエットドリンクなので、ファスティングの場合も1日3回程度に抑えておくべきでしょう。

その代わりお水はたくさん飲むようにしてくださいね。

味が合わない場合の対処方法

コンブチャクレンズはマンゴーのようなフルーティーな味を楽しめるということで定評がありますが、やはり元々はお茶を発酵させた飲み物なので味が合わないと感じる方も多いかもしれません。

発酵した酸っぱい紅茶って想像つかないですよね。

レモンティーのようなものを連想するべきなのかもしれませんが、発酵しているということでクセがありそうです。

味が合わなかった時の対処法ですが、牛乳や豆乳などのクリーミーな味の飲み物で割って味をまろやかにするという方法があります。

ファスティングの場合は水やお茶以外を飲んではいけないというルールがあり、豆乳や牛乳を用いると効果が半減する恐れもありますが、美味しく飲めて長く続けることが大前提です。

味が合わないと感じた時は是非牛乳や豆乳を有効活用してみてください。

コンブチャクレンズのその他の使い方

水や炭酸水以外の飲み物に入れて味を中和するだけでなく、普段食べているヨーグルトやシリアルに入れるのもオススメです。

この場合は普段の食事を置き換えたり、普段の食事にプラスしてコンブチャクレンズを飲んでいる方向けの使い方です。

特に置き換えダイエットでは、飲み物だけだとどうしても腹持ちが良くならないので、少しでも満腹感を得るためにヨーグルトに入れて食べるのもオススメです。

まとめ

一番大切なのは、長く美味しく続けるということです。

中には気合十分で多少味が合わなくても続けられる方もいると思いますが、なるべくストレスフリーな状態でダイエットするなら飲みやすさは重要ですよね。

飲んでいるうちに味に慣れることもできるので、最初は豆乳や牛乳に入れて飲み、慣れてきたところで水や炭酸水に変えるというのも一つの方法です。

また、たくさん飲んだからといってさらなる効果が期待できるわけではありません。

ファスティングの時も1日3回程度に抑え、適切な量を飲むようにしましょう。